病院概要

HOME > 施設紹介 > 慈啓会病院 > 病院概要 > 院長挨拶

院長挨拶

Message from Director

院長

慈啓会病院 院長
東出 俊之

慈啓会病院は昭和23年に開設以来地域医療の発展に貢献してまいりました。
平成18年に老朽化した建物を全面改築し、近代的な明るい病院に生まれ変わっております。 近代化したのは建物だけではなく、CT、内視鏡検査装置、超音波検査装置などの医療機器も最新の機器となっており脳血管障害やがんなどの生活習慣病の診療に役立っております。

また当院は生活習慣病の予防にも力を入れており、人間ドックでは受診者のご要望にお応えし半日から一泊二日までオーダーメードでふさわしい検査項目を決め、疾患の早期発見、早期治療に結びつけております。
設立母体が老人福祉に90有余年の歴史を誇る社会福祉法人札幌慈啓会であることから、高齢者にとって有益な物忘れ外来や漢方外来など多くの専門外来を有し、さらには生命の危険のある肺炎の予防を通して高齢者の生活の質の向上に努めております。

現在の医療はチーム医療なくしては効果的に実践することができず、当院では伝統的に基本方針としてチーム医療を得意とし、医師、看護師、薬剤師、リハビリ療法士や管理栄養士等が密接に連携して疾患ごとにチームを形成し、治療や予防を担っており、治療成績の向上にも寄与しております。

理念・基本方針

Philosophy and Basic Policies

理念・基本方針

© 2016 Jikeikai Hospital

ページトップへ