診療案内

HOME > 施設紹介 > 慈啓会病院 > 診療案内 > 外来嚥下造影検査

外来嚥下造影検査の受託について

For trustees of foreign swallowing

平成26年度診療報酬改定にて「内視鏡下胃瘻造設術」が10,070点から6,070点へと大幅減算となったのは周知のとおりです。
しかし、嚥下造影(VF)検査又は内視鏡下嚥下機能評価(VE)検査を実施し、その結果に基づき、胃瘻造設の必要性、今後の摂食機能療法の必要性や方法、胃瘻抜去又は閉鎖の可能性等について患者又は患者家族に十分に説明・相談を行った上で胃瘻造設を実施した場合には『胃瘻造設時嚥下機能評価加算』として2,500点が算定可能となりました。

当院では平成12年より年間100件の嚥下造影(VF)検査を実施しており、十分な実績で培った知識・技術で高い評価を頂いております。
自院にて内視鏡下胃瘻造設術を実施しているものの、嚥下造影(VF)検査までは行っていない医療機関様は是非当院にご依頼ください。
(なお本案内は医療機関向けです。個人でお申し込みになる場合は「嚥下外来」毎週木曜日13:30~17:00へお申込みください)

嚥下造影(VF)検査の実施日時

毎週 金曜日、15:30~(完全予約制)
※医師の研修等の場合にお休みをいただくことがありますのでご了承ください。

嚥下造影

当日までの準備

①まず電話にて受診予約をしてください。
②「診療情報提供書(現病歴・既往症・内服薬について)」をご準備下さい。
③嚥下に関する質問表を当院ホームページからダウンロードしてください。(できない場合はご連絡ください。FAXいたします。)
④嚥下造影(VF)検査説明書および同意書をダウンロードしてください。(できない場合はご連絡ください。FAXいたします。)
※「診療情報提供書」は検査3日前までにFAXしてください。
※「同意書」「質問票」は当日患者様にお持ちいただいてください。
⑤予約日時に来院いただくようご案内ください(保険証をお持ち下さるようにご案内ください。)

当日のスケジュール

①病院窓ロにて受付をいたします。 (保険証の提出があります。)
②外来にて診察・検査説明した後、レントゲン室へ移動し、嚥下造影(VF)検査を実施いたします。
③全て終了後病院窓ロにて会計をお願いします。

検査結果について

①当日患者様に結果説明をいたします。また、簡単な診療情報提供書をお渡しいたします。
②ご依頼の先生へは当院医師より詳細な診療情報提供書を後日郵送させていただきます。

嚥下造影

料金について

初診料282点+検査料1,124点+診療情報提供料250点=1,656点
3割負担 4,970円 1割負担 1,660円
(その他、投薬料が発生する場合があります。)
なお、映像の提供はお時間をいただくことになります。また、別途料金が発生します。

お問い合わせ・ご予約

〒064-8575 札幌市中央区旭ヶ丘5丁目6番50号
社会福祉法人札幌慈啓会 慈啓会病院
担 当:医事課(嚥下造影検査の予約とお伝えください。)
予約受付 (月~金)電話 011-561-8292
FAX 011-551-3862

© 2016 Jikeikai Hospital

ページトップへ