診療案内

HOME > 施設紹介 > 慈啓会病院 > 診療案内 > 地域医療連携室

地域医療連携室

Regional Medical Infomation Office

 地域医療連携室は、医療ソーシャルワーカーと看護師を配置して、前方連携と後方連携の窓口と、医療相談業務を担っています。患者様、ご家族様、地域にお住まいの皆様に安心、満足してご利用いただけるよう、地域の医療機関や福祉施設、在宅サービス機関等との連携を図り、効率的で切れ目のない医療サービスを目指しています。

当院は、在宅療養後方支援病院の届出を行なっています。地域医療を支える医療機関として後方支援の役割を担う体制を整えました。地域包括ケアシステムの一端を担い、在宅からのサブアキュートや急性期病院からのポストアキュートの受け入れ、退院支援や在宅療養支援を行います。

主な業務内容

  • 入院相談、転院相談
  • 退院支援
  • 外来受診相談
  • 病院見学
  • 地域の医療機関、福祉施設、在宅サービス機関等との連携
  • 介護保険および福祉制度に関する相談

主な業務内容

メディカルショートステイのご案内

メディカルショートステイのご案内(2019年11月12日更新)(PDF:231KB)

メディカルショートステイとは

  • 在宅医療を行っている患者様のうち、24時間点滴や経管栄養など常時医療的な管理が必要な方で、施設等のショートステイが利用しにくい患者様を対象に、ご家族の入院治療や冠婚葬祭などの社会的事情、さらにご家族様の休息を目的におこなう短期間の入院のことを言います。

メディカルショートステイの対象者

  ベッド上生活(寝たきり)で

  • 24時間点滴を行っている。
  • 胃瘻による経管栄養を行っている。
  • 酸素療法を行っている。
  • 呼吸器管理を行っている。

 ※上記以外の状態でも当院にて可能であれば対応させていただきます。ご相談ください。

ご利用方法

  • 完全予約制です。
  • 医療保険での対応となります。
  • 入院期間は原則2週間以内ですが、最長1ヵ月まで対応可能です。
  • お薬や注入食はご持参ください。
  • 個室を利用される場合には別途料金がかかります。
  • 寝巻類や紙おむつ等については病院入院セットをご利用していただきます。
  • 必要に応じてCT撮影や心臓エコー検査、内視鏡検査、嚥下造影検査、栄養指導等も行います。

ご予約について

  • 慈啓会病院地域医療連携室にお問い合わせください。
  • 患者様の状態を確認させていただき、日程等のご希望をお伺いいたします。
  • かかりつけの先生に紹介状(診療情報提供書)を作成していただいて下さい。
  • 入院の可否を判断させていただきご連絡します。

お問い合わせ

受付時間:[月~金曜] 午前 8:45~午後 17:30
TEL:011-561-8292 / FAX:011-561-8821 
担当: 社会福祉士(MSW)   篠田・高見・山口・木村
    退院調整看護師      本川

【地域医療機関の皆様へ】在宅療養後方支援病院の登録をお願いいたします。

 

地域包括ケア病棟のご案内

 当院では、2017年3月から地域包括ケア病棟(44床)を開設いたしました。ポストアキュート、サブアキュートの受入れに加え、医療依存度の高い在宅療養中の患者様のレスパイト入院のご相談を受けております。嚥下機能評価やもの忘れ検査等も実施可能ですので、ご相談ください。

在宅療養後方支援病院とは

 地域の医療を支える医療機関として、在宅で療養されている患者さまの緊急時に在宅医療を提供している医療機関の医師と連携して後方支援の役割を担う医療機関です。後方病床を確保し、“緊急時における迅速な対応” “24時間体制の後方支援”を行っています。

下記図のように、患者様ご家族様にあらかじめ了解を得て、当院を『緊急時入院を希望する病院』として届出を行って頂く必要があります。

遠慮なく地域医療連携室にお問い合わせください。

在宅療養後方支援病院図1

お問い合わせ

受付時間:[月~金曜]午前08:45~午後17:30
TEL:011-561-8292 / FAX:011-561-8821 (地域医療連携室直通)

担当:山口

© 2016 Jikeikai Hospital

ページトップへ