社会福祉法人 さっぽろ慈啓会 展開ボタン
HOME > 札幌慈啓会とは > 理事長挨拶

札幌慈啓会とは

理事長挨拶

札幌慈啓会理事長 太田 眞琴

札幌慈啓会は、大正14年に前身の老人福祉施設「札幌養老院」を開設して以来、社会福祉事業の先駆的役割を果たしてまいりました。

さまざまな人生を積み重ねてきたご高齢者が、心豊かに、生きがいをもって、健やかに生活できる「安心ホーム」づくりを目標に邁進しております。

ご家族のように接する心を大切に、また、在宅介護サービスの充実を図り、ご利用になるご高齢者をはじめ、ご家族の皆様など多くの方々にご満足と信頼をいただいております。

創設以来90余年の間に培われてきたノウハウを生かしつつも、創立当初の福祉の原点を常に見すえ、法人理念である「共生(ともいき)」の精神に基づき、「保健・医療・福祉」のトータルサポートに努めて参ります。

札幌慈啓会理事長 太田 眞琴

経営理念

札幌慈啓会の経営理念

「共生」は社会福祉法人札幌慈啓会各施設の共通の基本理念です。
そして、利用者の誰もが、“生きている”ことを実感できるように、
私たちは保健・医療・福祉のトータルケアを通して、
利用者の“良きパートナー”として、共に生き続ける存在でありたい。

施設紹介

ページトップへ